床下への影響は避けたい水のトラブル

水のトラブルで一番気をつけたいのは、床への水漏れの浸水です。すでに床にまで水が来ている場合には深刻な状態だと判断してよいでしょう。
水漏れしている箇所がすぐに特定できれば早急に対応ができますが、気づかない場所で知らない間に床が濡れていると、後始末が大変なのはもちろんですが、木材にまで影響を及ぼし、ひどくなると隣や下の階にまで影響を及ぼす可能性も出てきます。

■床下で起こる水のトラブルの原因に

このトラブルの原因には大きく2つあります。1つ目は排水管の破損による水漏れ、2つ目は水道の蛇口などの部品からの水漏れです。排水管からの水漏れは経年劣化によってひび割れが入ったり、汚れの詰まりが原因の場合があります。キッチンの下や洗面所下の収納されている排水管は普段はあまり見えないため、水が流れ出してから気づくこともあります。
蛇口からの水漏れの場合、ぽたぽた程度の水漏れ段階で気づければ床まで水が来ることはありませんが、蛇口の修理中や本体が外れてしまうような場合は水が勢いよく噴き出します。水漏れを発見したときに大切なのは、どこからの水漏れなのか特定することです。確認するには元栓を閉め、メーターの動きを確認しましょう。

■水漏れで起こる二次被害

床下で起こる水漏れは放置せず、すぐに対応が必要です。なぜなら、家具や家電、近隣住民への二次被害が起こる可能性があるからです。自宅の家具が濡れることで使用できない状態になったり、家電の場合には漏電の危険性も伴います。また、湿度の高い状態にしておくことで、カビやシロアリなどの被害にもあいやすくなります。
一戸建ての住宅では心配ありませんが、特にアパート、マンションなどの複合住宅に住んでいる人の場合は、自室での水漏れが下の部屋の天井の雨漏りにつながることもあります。気づかずにいると、被害が拡大し修理にも費用がかさみます。負担も近隣トラブルも避け、被害を抑えるためにも日頃から気を付ける必要があります。

■まとめ
水のトラブルで一番困るのが床への浸水です。破損箇所だけでは収まらず、床にまで浸水している状態はとても深刻なトラブルです。さらに、床板や家具、家電が浸ってしまうことによって二次被害にもつながります。
自室だけの被害で済めばよいですが、近隣への影響も考えられます。床の水漏れを発見したときにはまずは原因を特定し、すぐに修理を依頼しましょう。業者が来るまでの間にタオルなどで拭き取り、被害が拡大しないように対処することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ