目に見えない水のトラブルの一つ配管の水漏れ

水のトラブルで多い水漏れは、蛇口やトイレなどといった目に見える場所だけで起こるわけではありません。壁や地下に埋め込まれた配管が原因で起こることもあります。
配管での水漏れは早く気づけば修理の負担を少なくできます。こちらでは素人でも異常に気付くことのできるポイントを紹介します。

■配管の種類と役割

まず、配管には大きく分けて2つの種類があります。排水管と給水管です。排水管は生活で出た排水を下水まで流すための管です。給水管は使用するための水を中に引き込むための管です。この2つの管によって綺麗な水を使用でき、汚水を安全に流すことができます。
排水管で起こる主な水のトラブルは水漏れです。排水管と給水管では役割も異なりますが、トラブルの原因も異なります。排水管の中を流れるのは生活排水などの汚れやごみです。そのため汚れが蓄積され詰まりが生じます。詰まりによって水の流れが悪くなり、配管が塞がることによって水漏れを引き起こします。
一方で給水管は、常に綺麗な水が流れていて、勢いよく流すことによって高圧状態になっています。そのため給水管で起こる水漏れの主な原因は高圧による破損や劣化が原因で引き起こります。

■配管の水漏れに気づくポイント

水漏れのサインは音です。異常がある場合には普段は聞こえない音がするときがあります。例えば、壁からのドーンという音です。蛇口の水を止めたときに壁になにかぶつかったような音がします。水撃と呼ばれる現象で、パイプの中の水の流れが急に止まることによって、パイプの壁にぶつかることで衝撃や音が出てきます。
また、天井からもぽたぽたと水滴が落ちるような音があります。天井を伝っている排水管、給水管のどちらかが水漏れを起こしている場合に聞こえる音です。このように、配管に異常がある場合には普段は聞こえない水音や流水音が聞こえてきます。

■まとめ
生活を支える水を安心して使えるのは、排水管と給水管の2つがきちんと機能している証です。それぞれ違う役割を担っていて、トラブルの発生原因も異なります。また、目に見えない箇所でのトラブルのため普段の生活では気づきにくいです。
配管トラブルに気づく大きなポイントは音です。壁や地下を伝っている配管は異常があると水撃の音や水漏れのような音が聞こえてきます。この音を見逃さずに気づくことが大切です。配管の修理は素人では難しいため、異常を感じたときにはすぐに業者へ点検修理を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ